2016年01月30日

待ち合わせ

IMG_3658.JPG
〈待ち合わせ〉



待ち合わせ場所は、私の場合ほとんどが駅のようだ。
喫茶店で待ち合わす。
これはビジネスの時が多いですね。

こんな所もたまにはいいかも^^
花があり、ベンチがある。
これなら少々相手が遅刻してもイライラせず
寛大な気持ちでいられるかも。


mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm


日曜の朝に放映するTV番組「題名のない音楽会」。
昨年からあの指揮者の佐渡 裕さんに変わって
ヴァイオリニストの五嶋 龍さんが司会をやっています。
見れない時はビデオに録画したり
よく見る楽しい番組です。

先日は葉加瀬太郎さんとも共演していましたね。
あの「情熱大陸」を二人で演奏してたけど。
葉加瀬さんは正統なクラシックからはちょっと外れちゃいましたが。
あの曲、大好きです。

五嶋龍さんは幼少の頃から某Tv番組で、彼の日常、成長過程を
ドキュメンタリー放映していたので、めっちゃ親しみが湧いてきちゃいます。
その彼も、もう27歳になったようだ!
早いもんだ。

7歳にて佐渡さんの指揮するオーケストラにてデビュー!
パガニーニの「ヴァイオリン協奏曲第一番」を演奏。
今ではめっちゃ懐かしいです。

その後、世界を渡り歩く、演奏家として活躍!
親からの血をひく才能と母親からの厳しい教育により
素晴らしい演奏をするヴァイオリニストに成長!
姉の五嶋みどりさんもまた、同じである。
姉弟ふたり、天才ヴァイオリニストといわれ名高い。

そんな彼の演奏を始めてライヴで聴いたのが一昨年!
もっぱらCDでしか聴いていなかったので^^
生の演奏はやっぱ凄い! 感動ものだ!

演奏が終えた後、CDを買い、サインまでしてもらっちゃいました。
その上、握手までも^^
空手をやっているというだけあって、その手はめっちゃごつい!
サインと握手をしに並ぶ人たちといったら
オッサンに、おばはんばかり(笑)
だいたいクラシック音楽を聴きにくる客って
ほとんどが中年以上!
もっと、もっと若い連中にも聴きにきて欲しいですね。
って、私が言ってもどうにもならんけど〜〜


「天才的な演奏者とは〜〜」
なんて誰かが言っていましたが、演奏する音を
凡人は耳から入ってきた音を、能で処理して聴いているが
天才的な人はそうでない!
彼らは聴覚だけではなく、皮膚に伝わる振動
すなわち感覚や触感なども音楽の情報として受け取り
総合的に判断して音を聴いているそうだ。

う〜〜ん、なんかめっちゃ分からねぇ〜〜^^
そりゃ、そうだ! 天才じゃないからな^^(素直に納得!)

私がヴァイオリンの稽古を辞めてから
もう長い年月が経ってしまった。
今は琴一筋だ! 浮気心まったくナシ!

しかし、あの頃はすごかった!
琴にヴァイオリンと二つも習っていたのだから。
今はそんな情熱も体力も失せてしまった。(ショボ〜〜〜ン)
現に昨秋に来日したパールマンのヴァイオリンコンサートにも
行かなかったし^^
あんなに好きなパールマンなのに〜〜
忙しいの疲れたの、何だかんだと言ってなんと翌日の
ユンリーのピアノリサイタルには、ちゃっかり行ったくせに(笑)


しかし、良い演奏を聴いたりすると、時折、たまらなく
ヴァイオリンを再び習いたくなるが
オッサンにはもう無理!

体力はおろか、能力も感覚も何もかもが衰えてしまって^^
せめて根性で頑張っちゃうおうか〜〜〜
なんて思ったりはするのだけど、これまたしんどいだろうな^^

軽はずみな夢は、きっぱり捨てて
それより琴に専念して頑張らなくっちゃ〜〜^^



↓いつもご訪問ありがとうございます。
 ランキングに参加しております。
 ポチ応援よろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村



posted by ごくさん at 00:32| Comment(18) | 透明水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

雪景色

IMG_3969.JPG
〈雪景色〉


しんしんと降る雪。
雪が降ると何故か私の耳から音が無くなる。
早朝に見る雪は特に静けさに覆われて
この白銀の世界に、自分だけがただ一人
存在してるかのようだ。


mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm


今日は文楽の話をちょっとしてみます。
文楽、人形浄瑠璃が好きだ!
そもそも最初に興味を注がれたのが
あの人形のしぐさ、動作に心を奪われてしまったのだ。
動きもしない目や顔の表情までもが
あたかに動き、変わったように見える。

時には生の人間のように魅力を感じる。
まるで人形に命が宿っているかのようだ!

この文楽に興味を抱いたのは、20歳代くらいだったと思う。
TVでよく見ていたが、実際の舞台をまだ見たことがなかった。

そして邦楽を習いだして、琴や琴唄をやりだすと
今度は今までとは違った眼で見るようになった。
そう、浄瑠璃や三味線に眼が注がれてしまうように^^


私的には四世竹本越路大夫の浄瑠璃が好きだ。
彼の語りはもう最高!
平成14年に既に亡くなっているが、彼の声が実に良い!
またその語りから伝わってくる情がたまらない!

一昨年引退した人間国宝、七世竹本住大夫さんの声は
私的にはちょっと好きになれなかった。
あのダミ声がちょっとね^^
人間国宝様には申し訳ないんですが^^


竹本越路大夫さんが一線を退いた訳は
「三味線が自分の声に合わせ、音を下げていることに気づき
これ以上、芸を高めることはできない」
と言って引退を決意したという。

なかなか辞め時が分からず、声がまともに出なくなっても
平気でやってるプロがいる中で、これは勇気のいる
決断だと思うなぁ〜〜〜^^

いるいる! もうこの爺さま、引退した方がよいのに^^
芸も身も衰えてしまって、みっともない!
な〜んて思う方たちを舞台で時々、見かけます。


そして最後の言葉がまた実に良い!

「義太夫の修行は一生では足りなかった。もう一生、欲しかった」

いかに義太夫を愛し、深く深く追求していった
そんな彼の姿がよくうかがえる言葉だ!

そうそう、それに越路大夫さんの三味線を務めた
鶴澤清治さんの三味線も好きですね^^
十数年やっていたようだ。
彼の三味線は攻撃的だとよく言われるが
事実、本人もそれを充分承知のようだ。
私もその攻撃的なところが好きですね。

彼が人間国宝を受賞した際には

「これからも守りの芸にならないようにやっていきたい」

なんて言っている。

琴を弾く人は、三味線もやる人が多いです。
私も今の先生に習い始めた時、
「三味線もやらないか」
と勧められたんですが、断りました。

今でも三味線はやりたいとは思いませんね。
何でなんだろう?
三味線の音色って、私的には琴音より魅力ないのかも^^






↓いつもご訪問ありがとうございます。
 ランキングに参加しております。
 ポチ応援よろしくお願い致します。 
 
にほんブログ村



posted by ごくさん at 00:07| Comment(17) | 透明水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

雪の日の山茶花

IMG_3918.JPG
〈雪の日の山茶花〉



真っ白の雪を被った山茶花。
その赤い花びらがいつもより一層鮮やか!
ハッとするような光景であった。



mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm



私のウォーキングコースの中にレンタルビデオ店がある。
あまりの冷え込みで、普段は軽い汗をかくのに
今夜は汗どころではなく、いっこうに温まらない身体!

なもんで、途中、自然と足はこのレンタルビデオ店に入ってしまう。
コレといって見たいものはなかったが
店に入って見ると、急に見たくなってしまうから不思議!
店内を物色し歩き回る。

今回はDVDを5点レンタルすることにしました。
まとめて5点レンタルすると割安で1000円なので。

借りたのは「カリフォルニア・ダウン」、「グッド・ライ」
「フォックスキャッチャー」「モンスター上司2」
に「奇跡の人 マリーとマルグリット」です。

借りてきたはいいが、この5点を一週間で見て返却しなくてはいけない!
待てよ〜〜〜こりゃ、ちょっと難しいかも^^

こんな時間あるだろうか^^

1点2時間としても10時間が必要となる。
こりゃ、かなりヤバいかも!

この10時間を作るには、
そうだ! まず食事時間の短縮かな〜〜
それだけでも、ちょっと無理かも。
睡眠はこれ以上、削りたくないしな〜〜

あとはトイレ時間の短縮しかねぇ〜〜〜な^^

「早めし、早クソ、芸のうち」
って言うが、私には向いていないなぁ〜〜

早めしはまぁ、いけるかも^^
しかし早クソは^^

ん〜〜〜ん、できねぇ〜〜なぁ^^

2本だけにすれば良かったのに〜〜
欲かいてお得な5本にしたのを、ちょっくら後悔!

この中でダントツ見たかったのは「カリフォルニア・ダウン」と
「グッド・ライ」この2本だ!

「カリフォルニア・ダウン」はカリフォルニアを襲う
巨大地震を描くパニックアクションだ。
あの美しいゴールデンゲートブリッジ、そしてサンフランシスコの
これまた美しい街があっという間に崩れ落ちる凄まじい光景が。

そして「グッド・ライ」はアフリカ、スーダンの内戦により
10万人以上の子供たちが親を亡くし、家を奪われ孤児となり
難民キャンプで育った若者たちを全米各地に移住させる
そんな実話に基づく物語だ。

とにかく、頑張って見れるまで見なくては^^



↓いつもご訪問ありがとうございます。
 ランキングに参加しております。
 ポチ応援よろしくお願い致します。
 
にほんブログ村




posted by ごくさん at 00:19| Comment(20) | 透明水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする