2015年10月31日

石垣にも秋が

IMG_5823.JPG
〈石垣にも秋が〉




紅葉がちらほら^^
これからは気温が下がると同時にあちこちに紅葉した
鮮やかな色彩の樹木が見られますね^^
こんな石垣にも秋が〜〜〜〜



もみじライン.gif



昨日は銀座へ行き、ランチを食べました。
行ったお店は銀座5丁目にある「銀座 古川」
ここはカレーやシチューがめっちゃ美味しい店です。
”知る人ぞ知る”ちょっと有名な店です。

IMGP8320.JPG

今は亡きこの店の先代は帝国ホテルで36年間働き
フランス料理のシェフとしては、確かな腕の持ち主だったという。
あの有名な帝国ホテルの村上シェフの下で修業!

その先代が亡くなられ、今は息子がやっている。
彼もまた同じ帝国ホテルで修業したという。

この「銀座 古川」は気どったオシャレな店ではないが
味はもう確かだ!
30席くらいある、小さな洋食屋といった店です。
なので気楽に入れるのか、一人で食べにくる
ご年配の方の姿もちらほら。



IMG_6448.JPG

私が頼んだのは、このヒレカツカレー!
ここのカレーは、もう最高!
特製チキンブイヨンをベースに32種類のスパイスが
上手く効いた欧風カレーだ。

また、ヒレカツはカラッとサックっと揚がっていて
柔らかい肉とカレーのスパイスのからみが抜群!

う〜〜ん、ヤバいいっす!この味。
もっと早く来て、食べればよかったなぁ〜〜
とちょっぴり後悔。

なんせ旨い!
ここのヒレカツカレーは超お奨め!



IMG_6445.JPG

そして家内が注文したのは、魚介類のクリームシチュー。
シェアして食べたので、このシチューも頂きました。
これまた濃厚で美味しい!

濃厚過ぎて、すんまへ〜〜ん^^(笑)

ちょっと濃過ぎかなぁ〜〜〜
バリバリの若者にはいいかも^^(笑)



そして食後、家内が書の道具を買いたいというので
鳩居堂へと。
銀座の通りは、もう中国って感じ!
通りを歩いているのは中国人の観光客の群れでいっぱい!

ここ日本? 

つーう感じとなっちゃっています。
もう、嫌になっちゃう!
渋谷や新宿とは違い、大人の気品漂うあの銀座は
今や昔のものへとなりつつあるようだ。




篠田作品10.jpg

鳩居堂を後にして、三越へ^^
そして観たのが「篠田桃紅作品展」

1913年生まれの103歳だ!
先日、彼女の著書「103歳になって 分かること」
を読んだが、ストイックでなかなかバイタリティのあるお婆ちゃんです。

渡米し、ニューヨークを拠点に各地で個展を開催!
そして帰国しても、その創作活動は衰えず
常に精力的な活動を!


展示の中でひとつ良いなぁ〜〜
と思った作品が^^
それはリトグラフだが100%のリトグラフではない。
版が刷り上がったらその上から、さらに手を加えている。
毛筆で描いた鋭い力強い線などを。

彼女の作品も初期の頃から比べると徐々に変わってきているようだ。
かっての激しい筆致から落ち着いた
そして情感ある洗練された線へと。

作品によく描かれる朱色がまた実に素晴しい!
あの朱色は彼女独特の個性となって、画面をきわだたせている。

とにかく驚くのは103歳という年齢で
よくも、まぁ、あれだけの緊張感を持って描く
精神と体力、そして作品に向かう情熱には脱帽だ!

冗談で「このくそババア〜〜」
何て言ったら、バッシと返されそうだ。
若い時はかなりの美人のようだ!
今は細身でキリリとして、凛とした外見はちょっと男性っぽいが。
生涯、独身を貫いた彼女には、女ひとりで生きてきた
強さが、その体に、にじみ出ているようだ。

生涯独身って、まだまだ分からんかも^^

この先、結婚するかも〜〜(笑)
104歳で結婚! しかも初婚!
こんなことがあったら面白いかも^^



↓いつもご訪問ありがとうございます。
 ランキングに参加しております。
 ポチ応援よろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村




posted by ごくさん at 00:25| Comment(22) | 透明水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

曼珠沙華咲く道

IMG_10844.JPG
〈曼珠沙華咲く道〉



先日に続き、またまた曼珠沙華!
しつこく行きますので〜〜〜よろしく^^

今日の曼珠沙華の風景は、埼玉の権現堂です。
巾着田に比べると、かなり数少ないですが
それなりに赤い絨毯が見られます。
ちょっと細長い絨緞のようですが(笑)



もみじライン.gif



ハロウィンがやって来た!
今週土曜日はハロウィンだ。
街の店などは、ハロウィンモード一色だ。
年々、その勢いは高まっていくような^^

このハロウィンってヤツ、何時頃からこんなに
広まったんだろう。
この15年位前からかなぁ〜〜〜?
いや、もっと前かなぁ〜〜〜

私もアメリカに行って、初めてこのハロウィンを知りました。


10月30日^^
さぁ〜〜、かぼちゃのランタンを作り、ハロウィンパーティだ!

そして当日^^
みな、それぞれアイディアを考え、思い思いの仮装でやって来る。
私の先生はチャップリンだ!
シンデレラなんてのもいた。
何だか訳の分からない、キモい姿のヤツもいる。

音楽をジャンジャン流し、それに合わせて踊りまくる。
この日は学内でもアルコールはOKだ!
ガンガン飲みまくる。もちろん成人のみ^^

ハロウィンって一体なんのことなんだろう?
なんてことも深くは知らず、飲んで踊って、バカ騒ぎ!

後々になって、分かったことだが^^
そう、日本のお盆のようだ。
亡くなった人がこの世に帰ってくる日なのだ。

また、秋の収穫を祝い、悪霊を追いだす!
そんな宗教的な祭りだという。

しかし日本人ってほんと、凄い!
クリスマスを祝い、ハロウィンを祝い、そして正月を祝う。
ポリシーなんてものがあるのかなぁ〜〜
まぁ、一応、宗教国ではあるが、ほとんどの人は
無宗教って感じなので、いろんな祭りごとをやっても
かまわないと思うが。
それにしても、何でもやりたがる日本人って
一体、何を考えているのかなぁ〜〜

な〜〜んも考えていないってことですね(笑)


私は帰国してからは一度もこのハロウィン祭りを
やったことがない。

くり抜いたかぼちゃを見ると、
あぁ〜〜、かぼちゃの煮物が食いたいなぁ〜〜
パンプキンスープにしても旨いなぁ〜〜
なんて考えるくらいです。(笑)



↓いつもご訪問ありがとうございます。
 ランキングに参加しております。
 ポチ応援よろしくお願い致します。
 
にほんブログ村



posted by ごくさん at 00:29| Comment(18) | 透明水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

静かなる水面

IMG_5954.JPG
〈静かなる水面〉


風のない静かな水面に映る美しい石の影に魅かれ
描いてみました。
静けさを感じていただけたでしょうか^^
どうかなぁ〜〜?


mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm


何か急に寒くなった!
パソコンに向かっていると、クシャミが止まらない!
喉もちょっくら痛い。

こりゃ、ヤバい!

風邪ひいちゃうのではぁ〜〜〜
バックからのど飴を取り出し
舐めていたら、クシャミも止まった。
そして喉の痛みもなくなったようだ。

これ、私にとっては見逃してはならぬ、風邪の予知なのだ。
これをそのままの状態にしておくと
やがて喉もめっちゃ痛くなり、風邪へと突入なのだ。

やべぇ〜〜!やべぇ〜〜!

こうなったら、風邪薬を飲まなくてはならなくなる。

だいたい男のくせして、私は寒がりの冷え症^^
特に足が冷えてしまう。
つーわけで、冬の期間は靴下を履いての睡眠となる。

なのにパッチはあまり穿かない。
雪の日や、よっぽど寒い時でない限り!


そう言えば、あの暖かそうなルーズソックスってあったっけ〜〜
今から15年位前に女子高生の間で流行ったヤツだ!
やけに短い制服のスカートに、このダブダブっとした
白いルーズソックスを、かわゆい娘もブチャい娘も
皆、こぞって穿いていたのを思い出す。

このルーズソックスを考え発売したヤツ
がっぽり儲けたらしい。

そのルーズソックスが再び流行りだしているではないか!
といっても、かって流行った女子高生が穿いていた
あの白い長いモノとはちょっと違う。

街を歩いていると、ちらほらルーズソッックスを穿いている
女性を見かける。
彼女らが穿いているのは短くて、色も白ではなく
めっちゃカラフル!

靴はローファーを始めパンプスにも、このルーズソックスを履いている。

しかしファッションの流行も面白い!
流行当時はカッコ良い!
なんて皆が、こぞってやっているスタイルもその流行が廃れれば、

だっせぇ〜〜なぁ!

なんていうことになってしまう。

そうそう、男子高校生の間で流行った腰パン!
これも最近少なくなったような?
このスタイル、個人的には大嫌い!
なんかだらしない。
お漏らししちゃって、って大の方(爆笑)
その重みでズボンが垂れ下げってきてしまったような恰好。

女子高校生のルーズソックスはそれなりに格好よかったけど
この腰パンはどうみても格好よくない!

このスタイルしているヤツ見ると、頭の方もパープリンに
見えてきてしまうのだ。(笑)



↓いつもご訪問ありがとうございます。
 ランキングに参加しています。
 ポチ応援よろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村




posted by ごくさん at 00:08| Comment(30) | 透明水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする