2015年09月29日

ある日のモーニング

IMG_07377.JPG
〈ある日のモーニング〉



ある日の朝に食べたフルーツ入りデザートです。
これ、たしかけっこう高いんです。
千疋屋のフルーツが入っているので。
朝からこんなデザートなんて贅沢はめったにないことです^^
忙しい朝の時間は比較的、簡単にサッと済ませるので。
もっぱら、トーストにチーズやハムそして野菜をのせて^^
それにコーヒーにプレーンヨーグルト。


和食なら「サラサラ、サクサク^^」かな^^
我が家の朝食はパンなので「ムシャムシャ、パクパク」かな^^
要するにのんびり、ゆっくりはできないってことです。

落ち着きのないのは、今、始まったことでもないし。
ガキの頃からやっていましたからね(笑)

ここで、うなずかないでくださいね〜〜
そんな風には見えません!
の一言が、ほんとは欲しいです(笑)


我が家のダイニングは東南向き。
なので晴れた日には、早朝から陽が射しこみます。
壁に飾ったビュフェやジェニファー・マークスの絵が
陽に当たらないよう、カバーをかけます。
他の絵画は別部屋にあるので、関係ないが^^

ジェニファー・マークスの絵に限っては
特に色彩が重要ですからね。
彼女のあの鮮やかな陽気な色彩が、色褪せてしまったら
もうお終いですね^^ってちょっとオーバーかな?

その反面、隣の和室にある夢二の「黒船屋」は同じ向きに窓があるが
朝はバッチリ障子を閉め、遮光カーテンをして日除け対策OK!
数多い夢二の作品の中でも代表作となる
この「黒船屋」は大好きです。

ウン十年前に銀座の某デパートで出会った瞬間に
惚れこんでしまったヤツです。
これまでにいろいろこの「黒船屋」の版画を見てきたが
我が家の「黒船屋」に勝るものはかって見たことないです。

因みに彫師は小島重男氏、摺師は板倉秀継氏です。
とにかく彫りも良く、また色もめっちゃきれいです。
版画によって、黒猫を抱いた女性が着ている
黄八丈の色も様々!
このモデルの女性はたしか愛人の「お葉」だったかな?
それとも「彦乃」だったかな?
何しろ私とは違い女性遍歴の多い夢二でしたから。(笑)
あれや、コレやと〜〜〜^^


我が家のお葉さんの黄八丈は、めっちゃ良い色しています。
私の自慢のお葉さん?となっています。
なのに、いつ見てもお葉さんは儚げな顔して、うつむき加減!
そして漂う哀愁が何とも言えぬ!

”美人薄命”、
なんていう言葉がピッタシの女性なんです。(笑)


ひたすらムシャ、ムシ、パクパク^^

お葉さんをじっくり鑑賞している余裕など
まったくない朝です。




↓いつもご訪問ありがとうございます。
 ランキングに参加しています。
 ポチ応援よろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村




posted by ごくさん at 00:06| Comment(14) | 透明水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

東京目黒川沿いの風景

IMG_10622.JPG
〈東京目黒川沿いの風景〉



目黒駅から目黒区美術館へ行くまでの
川沿いの風景です。
緑の多い都心のオアシスといった感じですね^^



今日は稽古のあと、DVDをレンタル!
5本借りたその中に「セッション」というヤツがある。
これは昨年、ちょっと騒がれたアメリカ映画だ。
見逃したのでレンタルすることに。

名門音楽学校に入学し、一流のジャズドラマーを目指し
勉強する青年とその指導にあたる教授との物語だ。

常に完璧な演奏を求める教授は
もう狂気じみている。
出来ないと罵声をあげ、暴力も辞さない。
そんな彼に向かっていく生徒の姿がまたすごい!

あはははははぁ〜〜〜〜
これ見て思いました。
あるある、私の筝曲の先生にもこんな姿が。

常に完璧な演奏を求めるので、
その姿は、時には厳しい、きつい口調も飛び出します。
血が上って顏を真っ赤にして!
今まで一度も生徒を褒めたことが無い!

「飴とムチ」で上手く教えてくれないかなぁ〜〜

いやいや、そんな甘くはない! 飴は全く、くれない!

いつも思ってしまう。
私は趣味としてやっているのに、先生の頭中には
そんなこと全くないようだ!

芸大の授業でも男子生徒を泣かした。
なんて話も耳にするし。
まぁ、彼らは私とは違い、これからプロとして
世に出る想いを持っている方々だから
こんな厳しいことにも、納得いきますが^^


褒められると上手くなるタチの私。
褒めてくれればもっと上達するんだけどなぁ〜〜
先生、分かってくれないかなぁ〜〜〜〜^^

こりゃ所詮、無理なことか^^
褒める要素が何もないんではね(笑)

いい歳ぶっこいて、けっこう甘ちゃんの私なのだ。
「人には厳しく、自分には甘く!」


でも、これは稽古の時だけであって
普段の先生はめっちゃ優しいけどね。
血圧上がるようなこともしないし(笑)
だからこそ、こうして長年、先生の下で
教わっているのだけどね^^


いつも筝曲の稽古が終わると、ドッと疲れがくる。
もう身体はグッタリ!
緊張感と気力がいっぺんにして全身から
消えていくと同時に疲労感が全身を支配するのだ。




↓いつもご訪問ありがとうございます。
 ランキングに参加しています。
 ポチ応援よろしくお願いします。
 
にほんブログ村




posted by ごくさん at 00:55| Comment(24) | 透明水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

赤いブーゲンビリア

IMG_07691.JPG
〈赤いブーゲンビリア〉


沖縄の離島を旅した時、良く見かける花に
このブーゲンビリアがある。
あのハイビスカスと並び、めっちゃ南国の情緒を感じる花だ!

ブーゲンビリアの花って、ひらひらの赤いのは
花ではなく、中央にある白い小さな花が花だったなんて。
ちっとも知らなかったよ^^
沖縄を旅して、初めて知りました。

そう言えば、これに似たのってあったよなぁ〜〜
あの紫陽花がそうでしたね^^
花に見える部分は花ではなく、実はあれはガクだってね。


歳をとったら、南の島で過ごしたいなぁ〜〜〜〜
日本ではなく海外の南の島で。
なんて思いを漠然と描いていたが、どうもそうはいきませんね。
何もかもが現実的なモノとなって目前に表れてくる今となっては^^
若い頃なら、多分やっちゃったかも^^

南の島へ行って何するの?

「YOUは何しに日本へ〜〜?」

じゃないけど^^(笑)

なんて聞かれても、これといった具体的なことは何も無い!
絵を描いて、本を読み、泳いで、海岸を散歩して^^
これって、別に南の島でやらなくても〜〜〜
今でも同じようなことやって過ごしているけど。(笑)

いや、違う!違う!
環境がまったく違う!

同じことをやるにしても、ゆったり、のんびりとした
環境の下でやるのと、ごみごみした騒々しい環境とでは。

南の島での永住^^
この思いは、頑固なる現実に砕けたが
永住ではなく、こうして旅して歩くことはできるからね^^



↓いつもご訪問ありがとうございます。
 ランキングに参加しております。
 ポチ応援よろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村

 

posted by ごくさん at 00:00| Comment(20) | 透明水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする